そろそろ俺の話にも答えておくか

生理活動においては、電気(微弱なものですが)が重要な役割を果たします。主なものを挙げると、神経伝達、心臓の拍動、筋収縮。これらは、すべて電気的なメカニズムが関与しています。 生体内での電気活動は、おもにイオン(ナトリウム、カリウム、カルシウム)などが、細胞膜に開いているイオンチャネル(特定のイオンを選択的に通す穴)を通ることで生じます。このイオンの動きをマクロ的に見ると、電流、電圧といった同じみのパラメータであらわすことが出来ます。 電気生理学的手法にはいろいろあります。 1)個体/臓器レベルでの例 健康診断でおなじみ心電図。薬剤による副作用(不整脈)発生の確認に使用。 知覚神経や脊髄に電極を刺し、痛み刺激による電気的活動(発火)を調べる。 脳の切片を使い、脳内の異なる部位に電極をおき、神経回路の仕組みを調べる。 電気的波形の変化を指標に薬剤の評価をする(またはその逆で、薬剤刺激による電気的波形変化から、薬剤のメカニズムを推定する)ことが多い。 2)細胞レベル/分子レベルでの例 パッチクランプ法:具体的には、組織、細胞に電極を当て、電圧をかけたときの電流の大きさを測定する。詳しい方法論は省略。細胞1個、細胞膜の一部分、極端な場合はイオンチャネル1つ、などを通過する電流についての情報を得ることが出来る。イオンチャネルの解析や、イオンチャネルに作用する薬剤の評価に頻用される。  顕微鏡下で電極を細胞に貼付けたり、細胞の機嫌をとるためのいろんなコツがあるので、ちょっと難しい。しかし、最近では自動パッチクランプ装置が発売されていて、人並みの精度で評価できるようになった。すごい。マグヌス法とは、 筋肉の収縮/弛緩を指標に、薬物の作用を評価する方法。 マグヌス管と呼ばれる装置を使うのでマグヌス法と呼ばれているみたい。 マグヌスって、ひとの名前? 血管、消化管、気管、泌尿器、生殖器、心臓などなど マグヌス法では、様々な臓器の筋肉が評価可能。 筋肉を切り出し、上下にそれぞれ糸をつけ、 栄養液が入ったマグヌス管のなかで上下方向に引っ張って、筋肉を吊るします。 収縮薬を栄養液内に加えると、筋肉が縮みます。 この収縮力を電気的に計測し、アンプをとおしてペンレコーダーに出力。 すると、収縮力が増えることにより、ペンがウニャ〜って感じで動き、 筋肉が収縮するのがありありと分かります。 マグヌス法は、薬が効いてるぞ、ってのがありありと分かる実験なので、 マグヌス法は薬理の王道と言われる(ことが多い) もちろん、収縮薬の作用に対する阻害薬の作用を評価することも可能です (薬作りでは、この実験が行われることが多い) 昔は、電気的に収縮力の検出が出来なかったので、 糸の先に鉄の棒をつけペンの代わりにし、 煤紙をロール状にしたものをレコーダー代わりにして実験したそうです。 筋肉が縮むと、てこの原理で棒が上がり、 煤紙上に白い線がウニャ〜って感じで出てきます。ドロップといっても甘いものでありません。 薬が、その開発過程で開発中止になることを ドロップするといいます。 最近、あちこちの会社の薬物が 臨床試験でドロップしています。 これは今に始まったことではありませんが、 特にこの数年、多くの話を聞いたような気がします。 ドロップの一番の原因は、やはり副作用。 肝臓まわりの副作用(毒性)が認められることが多いです。 (主薬効が弱い、、などという情けない原因ももちろんあります) もちろん、臨床試験の前には、 動物(ラット、イヌ、サルなど)での試験を実施し、 大量投与しても毒性が出ないことを確認しています。 それでも、ヒトに投与するまで分からない というのが、現状です。 ヒトに投与する前に毒性が予見できないか、 現在、トキシコゲノミクスなどという方法論 (毒性に関与する遺伝子をヒトゲノムから見つける) が出てきてますが、まだ始まったばかりです。 臨床試験の段階でドロップするのは、 それはそれでいいと思います。 きちんと毒性をチェックできてる訳ですから。 しかし、これだけドロップばかり続くのをみてると、 現在の創薬方針を根本から変えないとだめなのでは と思います。 じゃあどう変えればいいのか、、 今世紀の大きな課題、、ですかね。 20世紀のようにうまくは行かないのだ。研究者がこれまでの学習や研究活動により身に付けた知識のこと。薬作りに関わる研究者のバックグラウンドは、生化学、生理学、分子生物学、有機化学、分析化学、薬物動態学、薬理学などの分野にわたります。大学(学部)では、これらの分野について広く浅く学び、大学院および会社では研究活動を通じてより深い知識を身につけていきます。もちろん、バックグラウンドは広ければ広いほどよくなります。 (その2)測定器械を用いてデータを取る場合、試料を入れてない状態での測定値のこと。ノイズとかブランク値などともいいます。試料の測定値に対するバックグラウンドの比率が大きいと、データの誤差が大きくなり、実験の精度が落ちます。この場合はバックグラウンドは小さければ小さいほどよいことになります。バックグラウンドが高い場合、前の使用者の後片付けがうまく出来てないことが多いです。このあたり、マナーをしっかり守らないといけませんね。 (その3)バックグラウンドミュージック(B.G.M.)。数時間にわたる単純作業をおこなうことが多いんですが、とにかく眠くなります。そのときにはBGMをかけると効率が良くなります。ただ、余り派手にやると怒られるので注意。できればヘッドホンを。投薬量のこと。英語ではdose、ふだんは「ドーズ」と呼んでます。薬が強ければ強いほど、低い用量で効果が出ます。用量の表し方ですが、動物に投与するときには、体重1kgあたりの投与量(mg/kg)で表します。通常、私たちは、飲み薬の場合0.1−1 mg/kgくらいの用量で効果を出すことを目標とします。この用量は、体重60kgの人に換算すると、となります。ただし、薬によっては、もっと高い用量が必要となることもあり、例えば治療薬(飲み薬)では、一回当たり用量が5となる薬もあります。この原因としては、薬が消化管から吸収されにくいとか、体内ですぐ分解してしまう、などが考えられます。元々想定していた効果以外の薬の作用。副作用という言葉には、ネガティヴなイメージがありますが、副作用自身が新薬開発のヒントとなることもあります。パターンとしては、 1)薬の作用の延長上にある症状:血圧降下剤の効き過ぎによる立ちくらみや、血糖降下剤の効き過ぎによる低血糖(これは死亡することもあります)など。これらの副作用については、動物試験の段階で予想できますが、薬物のメカニズム上、避けられないので、使用時にはこれらの副作用に注意しなければいけません。 2)本来とは異なったターゲットを介して起こる症状:頻尿治療薬(抗コリン薬)での口渇や、風邪薬(中の抗ヒスタミン薬)の眠気など。この手の副作用は動物試験で予想できることが多く、化合物を探す段階で出来るだけ除くようにします。また、これらの副作用も、場合によっては新薬開発のきっかけともなります(抗ヒスタミン薬の睡眠導入剤ドリエルなど。眠気のい副作用を利用)。 3)予想外、原因不明の症状:薬剤アレルギー、スティーブンジョンソン症候群など。これらの副作用発現には個人差があり、動物試験段階での予想は非常に難しいです。臨床試験および市販後に、これらの副作用が生じたときは、厚生労働省に報告することが義務づけられています。その後、速やかに「緊急安全性情報」が発せられます。 私が所属する研究所の安全性薬理部門では、副作用の原因を調べるための研究もしています。ある実験の結果を、もう一度再現できること。自然科学の世界では、いくらすばらしいデータが出ても、再現性がなければ信用してもらえません。自分でやった実験については、もう一回実験することで再現性を確認できますが、他人が実験した時に再現性があるかといわれると、(結果によりますが)微妙です。  世の中の論文、特に生物系の論文では(などの一流学術雑誌の論文でも)、再現性を確認するのが難しい場合が多いです。原因として、1)実験者の腕が悪い(動物実験の場合特に多い)、2)論文に書ききれていないコツ、実験条件の差がある(季節による差とか、使ってる試薬のロットの違いとか)、3)論文の結果が間違っている、ということが考えられます。個人的には、半年やって実験の再現がとれないときは、3)だと考えることにしています。もっとも、それだけの期間実験させてくれたらの話ですが。。星がつくとは、実験の結果、有為な差が得られたこと示す言い方。 薬が効くことを示すためには、単に血圧が下がった、血糖値が下がったという数字だけを示すだけだけでは足りません。検定という統計学的な方法をつかって、血圧の下がり、血糖値の下がりが統計学的に意味が在る変化(有意な差)であることを示す必要があります。そして、検定で有意差があると判定されたときは、結果を示す表やグラフに*(アスタリスク=星)を付けることが慣例になっています。そこで、薬が効いてることを「星がつく」と言います。一般に、薬効薬理試験では星がつくことは良い結果につながりますが、逆に安全性薬理試験で星がつくことは毒性を持つ可能性を示すので、薬の開発にとってはありがたくありません。合成屋さんが作った化合物の構造式のこと。2つの化合物の構造式が似てる/似てないときは、顔が似てる/似てないといいます。例としては、ベンゼン環にくっついている塩素原子とフッ素原子の違い、ベンゼン環上のメチル基とエチル基の違い、ベンゼン環上の二つの官能基の位置の違い(オルトとかメタとかパラ)とかがあり、これらは薬理屋の私には、ぱっと見ただけでは区別がつきません。新しい化合物が合成屋さんから薬理屋あてに出てくるときは、どんな顔か気になります。例えばコンパで、どんな女の子来るかなあと思うのに似てるかも。 (2)顕微鏡でみた培養細胞の様子。培養細胞の姿には、それぞれ特徴/個性があるのでこう言うのでしょう。細胞が元気かどうかは、顔を見れば分かります。ニューロンやアストロサイトなどの神経細胞(初代培養細胞)の突起をのばす姿とかは、迫力あります。

長時間のドライブ

ご飯は1時間以上前に食事をしてすぐに車に乗ると、寄ってしまう場合があります。食事は1時間以上前にあげしょう。また、長時間のドライブだからと、いつもより多めに与えるのは、体調が不安定になる原因ですので、絶対にやめましょう。出来るだけトイレを済ませてから車の中ではウンチもおしっこもしないで我慢する子が多いです。ワンちゃんに負担をかけないために、出かける前に、出来るだけトイレは済ませておきましょう。ちょっとお散歩して排泄させておくのも良いですね。ドライブ中車内を歩き回らないように!運転中の揺れる車内を自由に動かせておくのは、危険極まりないことです。急に揺れてワンちゃんが怪我する場合も有りますし、万が一事故にあったしまった場合、ワンちゃんも危険です。窓から顔を出しているワンちゃんや、運転手の膝に乗っているワンちゃんをたまに見かけますが、とても危ないので絶対にやめましょう。ケージや、ドライブ用のカゴ、ドライブ用の固定具を利用して、ワンちゃんの指定席を作ってあげましょう。ドライブする時は、ここが定位置!と覚えさせるのが良いでしょう。車内の温度に注意車内の気温に気をつけましょう。窓を開けていても、ワンちゃんがいる低い位置には風が当たらないことが多いので、できればエアコンで温度調節してあげましょう。このとき、エアコンの風が直に当たる場所は避けるように!こまめに休憩を出来るだけこまめに休憩を取りましょう。酔いやすいワンちゃんも、そうでないワンちゃんも、最低でも1〜2時間に1度の休憩は必要です。お散歩して気分をリフレッシュさせましょう。高速のサービスエリアでは、ドッグランがあるところが増えてきました。ぜひ利用しましょう。サービスエリアなどでのマナー飛び出し注意!休憩する時、ワンちゃんが大喜びで車の外に飛び出すと大変です。必ず、車内でリードを付け、ドアが開いても飛び出さないようにしましょう。車内に置き去りにしない特に夏は、ほんの少しの時間でも、車内の温度は信じられないくらい高くなります。犬はもともと暑さに弱い動物ですので、すぐに熱中症になってしまいます。店内には連れ込まないたとえ抱っこでも、店内に連れて行くのはマナー違反です。食品を売っている店ではもちろんですが、そうでない場所でも、ペットOKと書いていない場合は、抱っこでもNGです。公共の場では、犬・猫が嫌いな人や、アレルギーがある人が要ることを忘れないように。ドッグランを利用しましょう最近、高速のサービスエリアでドッグランを設置してあるところが増えてきました。無料で自由に利用できますので、ぜひ活用しましょう。その際、入口に利用マナーが書いてありますので、必ずよく読んで、マナーを守りましょう。

砂浜で戯れる

砂浜に行くと、ワンコがたくさんいます。フリスピーを楽しんでいるワンコと飼い主さんのほほえましい姿にあこがれます。(RUKOは、フリスピー一度くわたら返してくれない・・・)砂浜で自由に走り回るのは、本当に気持ちが良いですね♪たまに、リードをはずしているワンちゃんがいますが、RUKOはおりこうさんじゃないので、リードは外せません。基本的に、他に人がいるときは、リードは外さないのがマナーですよね。初めての波に興味深々。意外と怖がらずに近づいていきます。そしたら、すっごい波が来て、 びっしょびしょになっちゃいました・・・さすがに本人、飼い主ともちょっとビビリました。砂にごろごろ。全身砂まみれ。でも、それなりに楽しかったみたい。砂を食べちゃった!!しょっぱくて美味しいのか、砂を普通にもぐもぐ食べてました。お腹壊すんじゃないかと心配したけど、大丈夫で、その後、さらさらした砂ウンチがでました。RUKOは大丈夫だったけど、お腹の弱いワンちゃんの場合は、注意した方がよいですね。1歳過ぎてからは、さすがに食べなくなりました。大人になったのね〜。とにかく砂まみれなんだか、砂に穴掘ってみたり、背中をごろごろ押し付けてみたり、顔でぐりぐりしたり、とにかく全身砂まみれになりました。目に砂が入ったらしく、涙と目やにがでましたが、その後は大丈夫だったみたいです。人間みたいに、目をゴシゴシこすっちゃうとヤバイかも。ペットボトルに水を持っていこう2リットルのペットボトルに2本、水道水を入れて持っていきました。今回はあまり暑くなかったから凍らせずに普通の水を持っていきました。もちろん喉が渇いたときに飲むのと、顔が砂だらけになった時にかけたり、暑くてガハガハになった時に背中にかけたりしました。

八王子で遊ぶ

八王子城跡は、高尾駅からちょっと北に行ったところにあります。私たちは、車で行きました。山のふもとに駐車場があります。観光センターみたいのがあって、八王子城跡の歴史などの資料がありました。地図をもらって、さっそく出発!!思いのほか、雪が残ってます。RUKOさん、大丈夫かな?あっという間に7合目に到着。木漏れ日がキレイです。30分くらいで、頂上の広場に着きました。すっごい見晴らしいいです。本丸跡は、ここから5分くらい登ったところにありました。せっかくだから、登ってきました。別に、何もなかったけど・・・・。帰りは、行きと違う道を通ったら、梅林がありました。すっごいキレイです。半日で気軽に登れるコースです。おにぎり食べて帰ってきました。RUKOにもちょうど良いコースだったかな。八王子城跡住所 東京都八王子市元八王子3丁目付近 管理棟は、元八王子町3-2715-2交通 JR・京王線 高尾駅 より、1番乗り場よりバスで「霊園前」下車、徒歩15分。駐車場 大型バス4台、普通車14台分。(実際には、もっとたくさん入りそう。)ボランティアのガイドがあります管理棟から御主殿跡までを、解説しながら一緒に登ってくれるガイドさんがいます。午前9時から午後4時で、利用は無料です。歴史とかに興味がある方は、ボランティアガイドを利用されると良いと思います。八王子城跡について私にも、RUKOにもちょうど良いボリュームのコースでした。気持ちよかったし、いい運動になったな〜という感じ。私たちが管理棟に行った時、ちょうど八王子の広報で募集したガイドツアーの人たちが出発するところでした。20人くらいの人たちが、ガイドさんの説明を受けていました。しっかり近くで盗み聞き(−_−;歴史とか、まったく考えてなくて、ただのハイキングコースだと思ってきたけど、城跡ってだけあって、いろんな歴史が残っているんですよね。ちゃんとお勉強しつつ登ると、また違った楽しみもありますね。

海水浴に行く

月の海です。午前中は曇り。気温もそんなに高くないです。気持ち良さそうに砂浜にぺたん。お昼になったら陽が出てきました。お散歩も日陰を歩きます。暑くなってきたので、クールベストを装着。保水性のある素材なので、水をかけるとしばらく涼しいみたいです。お洋服が苦手なRUKOですが、コレは嫌がらずに着てます。ちゃんと日陰で休憩してるよ〜。無料のシャワーがあるので、砂を落として、しばし日光浴。車で帰るから、ちゃんと乾かさないとね。海は気持ちいいからまた来ようね〜。クールベストはお役立ち!暑くてガハガハしちゃったら、クールベストを着せます。保水性のある素材なので、そのまま海にぼちゃんとつければOK!暑そうになったら、ベストの上から水をかければ、またしばらく涼しいみたいです。真水じゃなくても、後で洗えば海水でまったく大丈夫。脇ずれ注意!クールベストを着せたまま、ちょっと深いところで泳がせたんです。ちょうどライフジャケットみたいでgood!とか思って・・・。そしたら、必死で泳いだせいか、脇がベストですれて赤くなっちゃいました。ヒリヒリ痛かったよね気づかず、ごめんよ・・・寒いの注意!人間もそうですが、いくら夏とはいえ、体が濡れると寒くなりますよね。RUKOは、肉付きがいいから寒がりではないですが、それでもお天気が悪い日にびしょぬれになるとブルブル震えます。拭いてもすぐには乾かないし。お肉のないわんちゃんだと、たぶん一度濡れるとすごい寒いと思うので、ワンちゃん用のバスタオルを持ってきて、ブルブルしてたら抱っこしてあっためてあげましょう。夏だけど、カイロも持ってると便利です。

最高に景色が良いです

陣馬山は、JR高尾駅より車で1時間くらいのとろこにあります。陣馬街道をひたすら走って行くんですが、途中から1車線のくねくね道になってちょっと怖いです。対向車が来たらどうしよう〜とドキドキしながらの運転です。バスだと、高尾駅から「陣馬高原下行き」に乗って終点で降りるのですが、和田峠まで1時間くらい歩きます。くねくね道を30分くらいで、東京都と神奈川県の境目の和田峠に着きます。 売店と、駐車場があるのですぐにわかります。駐車場は、1台1日600円。平日は無料です。ちなみに、売店は平日は営業してないみたいです。売店の横から、登山道が2つ出ています。左側が「女坂」、右側が「男坂」。私たちは、「男坂」から登山開始!しょっぱなから、階段地獄〜〜〜がんばって登ったね〜と、平坦な道を平和に歩いて行くと・・・・また階段だ〜(>_<)山頂まで、これを5回くらい繰り返します。RUKOさん、ついに中途半端な姿勢で停止(−_−;なんとかおだてて登って、ほら!山頂だよ!!和田峠から山頂まで、約30分です。陣馬山の山頂には、白いお馬さんがいますRUKOは、白馬の影で・・・・・づがれだ〜〜360度、最高に景色が良いです♪売店が3軒ありますが、やっぱり平日はやってないみたいです。帰りは「女坂」で下りました。階段はなかったけど、かなりの急勾配。山頂に荷物を運ぶためのキャタピラ(?)の通路になっているみたいです。人間は膝がガクガクだったけど、RUKOはスタスタ快適に歩いてました。 膝、 大丈夫だったかのな?和田峠から車で、藤野の方へ進み、相模湖へ行きました。(こっちの道のほうが広くて走りやすかったです。)湖畔に公園があって、すごいキレイ。駐車場は、普通車最初30分330円以降30分後とに150円加算。平日は無料です!お土産屋さんとかが集まっているとろこへ行ったらゲームセンターとか射的屋さんとかあって、昭和の香りでした。湖といえば、アヒルさん(足こぎボート)ですが、今回足がガクガクなのでやめときました。ボート乗り場のおばちゃんが、「わんちゃんも一緒に乗っていいわよ〜」って言ってました。お天気も良いし、最高だブ〜〜〜。陣馬山交通 JR・京王線 高尾駅 より、車で約40分。バスは、「陣馬高原下」行きで約1時間。駐車場 1台1日600円。平日は無料。相模湖交通 JR中央本線 相模湖駅下車 徒歩10分 。駐車場 普通車 最初30分330円、以降30分後とに150円追加。平日は無料。ホームページ 藤野観光協会 平日行くときは食料を持っていくこと!!平日は、陣馬山の売店はやってないです。そして、高尾駅から陣馬山まで、コンビニが1軒もないです!途中でお弁当を買おうと思っていたのに、結局何も買えず、麦茶と食後に食べようと持って行ったクッキーと、コーヒーで生き延びました。ルコのお水は持っていったのでそれだけでも良かった〜。陣馬山について陣馬山には、子どもの頃に何度か登ったことがあったんです。記憶が定かではないのですが、割と楽に登れたような気がしていたので、気楽に出かけました。そしたら、思いのほか登りがいのある山で、しかも、登りは登りばっかりで、下りはひたすら下るという、富士山のような感じでした。膝が〜(>_<) 太ももが〜〜(>_<)といいながら山頂に着きましたが、子どものころは、ここから更に陣馬山まで歩いていったんですよね。陣馬山〜高尾山コースや、途中で藤野へ降りるルートなど、けっこう有名みたいですね。夫がいつか挑戦したいみたいなこと言ってたけど、私とRUKOは無理です

疲れて膝がガクガクです

高尾山は、京王線「高尾山口駅」から歩いてすぐです。車で行く場合は、国道20号線を相模湖方面へ進みます。駐車場は、高尾山口駅を通り過ぎて左側に、薬王院祈祷殿駐車場:250台 があります。薬王院祈祷殿駐車場に車を止めたら、必ず、受付に立ち寄り、山内整備費500円よりを支払いましょう。この建物の一番右側が受付です。車の交通安全のご祈祷も出来ます。右側の建物の前に車を止めて、祈祷していただけるようです。駐車場から歩いて5分くらいで、表参道です。きれいな石畳の道で、両脇にお蕎麦屋さんやお土産屋さんが並びます。時間が早かった(9時頃)のと、月曜日だったので、閉まっているお店もちらほらありました。表参道を進むと、広場に出ます。まっすぐ進むと、薬王院に登る最短距離のコース(1号路)です。ずっと舗装された道です。左側は、ケーブルカーとリフト乗り場があり、その脇には、自然探索コースへの入口があります。今回は、RUKOと一緒にリフトに乗ります♪ケーブルカーに乗る場合は、ケージが必要。しかも小型犬のみ。ケーブルカー・リフト 共通 片道470円 往復900円リフトは、抱っこで乗れます♪最初、ちょっとビビッてたけど、すぐに慣れました。お父さんの膝に座って気持ちよさそう。約12分で高尾山駅に到着。暴れず、おりこうさんに乗りました〜。リフトの駅から、山頂まで、約20分って書いてあります。張り切って登りましょう!歩き始めてすぐに、絶景ポイントがあります。が、今日はお天気がいまいちであんまり遠くまで見れませんでした。絶景ポイントの近くに、ビアガーデンがあります。7月1日から営業との事。ここも毎年すごい人気です♪車で来たからビアガーデンはダメだね〜、と後ろ髪惹かれつつ進み、いぬぶなを発見。別になんてことないんだけど、ビアガーデンを紛らわすアイテムの1つ。どこがどう、いぬ なのかな〜?などと考えつつ、進みます。つづいて、ビアガーデンを紛らわすアイテムその2たこ杉です。樹齢450年の杉の根っこ部分がタコのようになっています。おみごと。タコの足に登る不届き物がいるらしく、工事中みたいに囲われてました。いまいち情緒が・・・・たこ杉の隣に、ひっぱり蛸 が!!おもしろ〜い♪そのまま進むと、薬王院の山門が現れます。そして、お約束のそびえ立つ階段。相変わらず階段は走って昇ります。私は、ついていけませんです階段を登りきると、杉の苗ご奉納名簿がずら〜〜〜〜〜っと並ぶなだらかな道が続きます。ここで、だいたいみんな、同姓同名を探して喜びます。薬王院の入口に到着。お清めするのですよ。ごくごく飲んでます・・・。そして、また階段。薬王院の御本いくつかのお社を通り過ぎると、普通の山道に出ます。ここまで来ると、さわやかな山の空気になってますが、階段いっぱい登ったし、けっこうお疲れ。RUKOさんもお水を飲んで休憩。山頂到着!リフトの駅から、のんびり歩いてきたので、30分くらいかかりました。薬王院の石段がかなりハードだった〜(>_<)RUKOさんも、お疲れで、どろどろの地面にべた〜っと・・・。その後、私の膝に飛び乗ってきて、私の服もどろどろ(T_T)帰りは、リフトに乗らずに、1号路を歩いて下りました。舗装されて歩きやすいとはいえ、とにかく下り一辺倒の道を、ひたすら40分・・・・。私は膝がガクガク(>_<)RUKOは、意外とスタスタ元気に歩いていて、途中ばてることなく下りきりました。アドレナリン出た?高尾山交通 電車:京王線「高尾山口」駅下車。車: 中央道、八王子インターより20号(甲州街道)経由で30分程(10km程)駐車場 薬王院祈祷殿駐車場:250台、八王子市営高尾山麓駐車場(有料)、一般駐車場など売店がたくさんあります!が、ペット連れは、お弁当持参がオススメ高尾山は、人気があるだけあって、売店がたくさんあります。ケーブルカー・リフトの高尾山駅付近や、山頂に、数軒売店があって、焼き団子やお蕎麦、ラーメンなどが食べれます。今回、私たちは、朝から登って昼に下山したので、山頂では持参したおやつを食べて、下山してから何かご当地物を食べようと思い、お弁当を持っていきませんでした。表参道でお蕎麦を食べたかったのですが、店外席があるお店がなくて諦めました。残念(>_<)駐車場までの途中のコンビニで、とろろ蕎麦を買って、車の中で食べました〜。ペット連れだと、外食するのが大変ですね。やっぱりお弁当を持参して、外で食べるのがオススメです。お通じ絶好調!RUKOさん、たくさん歩いて腸が活発になったのか、いつになくお通じが良かったです。ウンチ3回、おしっこ2回。ウンチ袋たくさん持っていってよかった♪薬王院の中でしちゃったらどうしよう、バチが当たりそう・・・と心配しましたが、幸い、ふつうの山道でしてくれました。 良かった良かった。高尾山について高尾山は近くて気軽に登れるので、何度も登った事があります。が、ペットと一緒に来たのは初めてです。いつもは電車を利用していましたが、今回は車で行きました。駐車場があるのか、ミシュラン人気で混雑していると聞いていたので留められるのか心配でしたが、平日だったせいか、まったく心配なく留められました。リフトも、係員の方がとても親切で、「ワンちゃんはしっかり抱っこしてね〜」と案内してくれました。リフトの上の駅から山頂まで、結構登りがいがあったので、RUKOのようにあまりアクティブじゃない犬種の場合は、ふもとから歩いて登るとかなりきついと思います。朝、9時頃にスタートして、リフト→山頂→歩いて下山 で、ちょうど12時着。3時間コースでした。

夏の日に山に行く

クマは誰でも知っている動物です。では身近にいるかと言われればそうではなく、動物園かテレビで見る程度じゃないかと思います。住んでいる地域にもよりますが、野生のクマを見る機会などはなかなかありません。ましてや都会に住んでいる人などは一生に一回見るか見ないかのそんな程度だと思います。しかし、いつ何時渓流釣りに誘われたり、はたまた山や森にハイキングに出かけたりするか分かりませんそんな時、絶対にクマに遭遇しないとは限らないのです。もしクマに対する知識が少しでもあれば、出会った時の対処法も少しは変わってくると思います。しかし全く知識がないと、致命的なミスをして命の危険にさらされる可能性もあるのです。そうならないように誰でもクマに対する予備知識程度は覚えておいてほしいのです。クマという生き物は見た目は案外可愛いですが、実際は凶暴な肉食獣です。もちろん理屈など通じません。あなたを襲おうが襲うまいがそれはクマの勝手なのです。まさにさじ加減ひとつです。だからこそ覚えていたほうが良いのです。そりゃああなたがクマと戦ってクマを一本背負いで投げ飛ばすほどの怪力の持ち主だったら私はなにも言いません。それだけの力があるなら対処法など必要ないですから。そのクマだって一本背負いで人間に負けたとなればその場でクマ廃業ですよ。ですが!到底あなたにそんなことできるはずがありません。勿論私だって無理です。クドイですがだから知識をつけなければいけないのです。ただ知識と言ってもなにも難しくはありません。クマをはじめ、野生動物と接する常識です。こんな時はこうしたほうがいいとか、こういう時は相手がイライラしているから気を付けなさいとかそんなものです。勿論意気込んで読んでもらわなくても結構です。ただ退屈しのぎや暇つぶしに読むというか見るだけでいいです。それでもひとつの記憶としてあなたの頭に残れば、それだけで今までと違った対応ができるはずですから。言っておきますが、私はクマが嫌いなわけではありません。むしろ好きです。だから彼らにこれ以上事件を起こしてほしくないわけです。人間がクマに対してきっちりとした対応をとれば明らかにクマによる事故は減るはずですから。また、人間は自然界の事に関してもあまりにも無頓着すぎます。機械ばかりに頼りすぎて、自分の目で確かめたり、自分の肌で感じたりという行動がおろそかになっている気がするのです。そういう現状が今騒がれている地球温暖化にもつながり、しいてはクマの生態系にも悪影響を及ぼしているのだと思います。

脱兎のごとく

動物が大好きという人はたくさんおります。そうでしょう。動物というのは可愛いですからね。動物を見て憎たらしいなんて思う人はあまりいないはずです。そりゃ昔犬に噛まれたとか猫に引っ掻かれたとかクマに殺されそうになったとかあってその動物を嫌いになる事もあるでしょう。他にも猫の近くにいるとくしゃみ鼻水が止まらなくなる猫アレルギーの人や、ネズミを見るとドラえもんのように脱兎のごとく逃げ惑う人だっています。そりゃそうです。 誰しもムツゴロウさんでもないかぎり全ての動物を愛するなんて事はできないのですから。例えばゴキブリだって昆虫類ではありますが立派な動物です。でも愛せますか?少なくとも私には無理です。あの虫が例え福の神であろうとも私に対して媚びを売ろうとも私は彼を許すことができません。丸めた新聞紙、スリッパ、殺虫剤の三種の神器をもって彼と闘うことでしょう。でもこの世の中には彼らをこよなく愛し、飼育している人だって少数ですがいるのです。一寸の虫にも五分の魂、正しくそれです。たとえゾウリムシにだっていやさミジンコにだって命はあるわけですから。その命を育んでいくことは、強いては自分の命の大切さや尊さを教えてくれるのです。その意味でも動物を飼うことはとてもいいことなのです。何だっていいじゃないですか。その辺にいるアリだって毛虫だって飼ってみれば色々な発見があるものですよ。人生何事も勉強です。人がアレを飼ってるから、とか、何々ちゃんもアレ飼い始めたし、なんて人の影響で飼ってはいけません。いいじゃないですか。あなたが毛虫を飼っていたって。何か問題ありますか? それをとやかく言う彼氏ならとっとと別れてしまいなさいいいですか。何を飼うかなんてそんな事はどうでもいいんです。大切なのはその命を育む心なんです。

五感を研ぎ澄ませて

もっぱら、PCの前に根を下ろすことが多くなった私。当然、なにもしていなかったときとは時間の使い方が変わりました。手が空けば、暇さえあればもともとPC好きも手伝って、楽しさのあまりそれは何時間でも作業しているような状態。子供と戯れる時間も、こちらに費やしてしまうようなちょっとよくない状態の時だって正直ありました。主人が帰宅して、夕食をテーブルに並べて「さあ、召し上がれ」そのまま、私はまた、PCに向かっている・・・そんな姿を、主人は少し悲しく思っていたそうです。この間、ちょっと口論?になったとき我慢の限界?に達した彼がはじめて、口にしました。「そういうのって、どうかな?って思うよ」私はちょっと、ドキっとしました。あぁ。。。家族との時間をちょっと忘れていたのだな、と。主人はあまり口数が多い人ではありません。むしろ、こちらから問いかけないとしゃべらないこともあるくらい。そして普段は温厚です。その彼が放った言葉。私はきっと「彼なら何もいわなくても判ってくれる、大丈夫」とその温厚さに甘えていたのですねそれからは、時間の配分にメリハリをつけるようにしました。 時間を区切って、PCに向かう時間、家族と向き合う時間。 私なりにちょっと工夫してみることに。 朝起きてすぐ立ち上げていたPCも、家事が全部終わる10時にON。 昼間は子供の様子を見ながら、昼寝の時間に全集中。 そして、夕方までは適度に向き合い・・・ 夕食作りをしたあとの数時間後、 主人の帰宅前にはいったんOFF。 そして、主人だけの食事になる時間も 今日あったことをなるべく会話する・・・ こんなこと、みんなちゃんとしてるかもなのに 私は言われるまで気づかないフリをしていたかも。 わかってくれてるはず・・・と。 でも、はやくしたらよかったですね・・・ みなさんも、こういった活動をしていると やはり没頭してしまうことがあるかと思います。 でも、適度にメリハリをつけて 家族優先でいくことも必要かも♪ なにせ、家族あっての私、でもあるのですから。 このようにサイクルを変えたら ちょっと自分的にもラクになりました(^^ゞ これからも、この調子で 少しずつ、無理ないように活動していきますσ( ^ー゜)♪ 学んだこと 昨日の記事でも書いてある「反省文」 今回の反省から生まれた、新しい学び・・・ 意識欠落でかなり落ち込んだのですが、 本部と直接コンタクトをとる機会をいただいたのだと 少しいい方向に捉えることもできました。 それは・・・なかなかチャンスがなかった 本部・飯沼さんとの直接電話です。 メンバーから 「一度お話してみると とっても気さくで、本当に素晴らしい方!!」 と何度も伺っていましたが なにせ、かこさんにはそんな機会がありません。 突然「こんにちは」などという気軽さなどは 到底持てず、また飯沼さんは大変ご多忙であられます。 用もないのに電話なんて、恐れ多くてとてもとても・・・ でも、今回は飯沼さんにも直接お話したかったので 勇気を出してお電話を差し上げてみました。 なかなか繋がらないと聞いている飯沼さん。 2回チャレンジしましたが、やっぱり・・・つながりません。 でも、、、今回ばかりはど???ぉしてもお話したいので しつこく(まるでストーカーです)かけること3回目。 「もしもし」 うわぁ!!飯沼さんだぁ・・・((o(б_б;)o))ドキドキ そして、私の伝えたかったことに飯沼さんは 本当に快くうなずいてくださいました。 さらに!!驚くべき、ビッグスケールなお話も 伺うことができましたq(T▽Tq)(pT▽T)p わたしはリアルスターグループに参加していてよかった。 本っっっ当????に、よかったです!!! その会話の中で、学ばなければならいない、 貴重なお話もたくさん伺うことができました。 ネットビジネスにおいて一番重要なことは・・・ 「マインド」だそうです。 なぜ、この世界で5%に満たない人間しか成功しないのか。 マニュアル・ノウハウは必要なのか。 そして、この世界に「成功」という定義はなく 誰にでも成しえることのできる話だということ。 ただ、それを諦めて辞めてしまうから、 それが「失敗」ということになるんですよ、と飯沼さん。 割合でいったら、マニュアルやノウハウは2割でいい。 あとの8割は自分の気持ち・・・やる気。「マインド」だと。 飯沼さんは、本当に月収7桁を見ている方です。 正直、本当にいるのかしら?と思っていましたが、 私たちのリーダーが、本当にそうでした。 なんと素晴らしいことでしょう。 電話なのに、驚くあまり言葉を忘れている私に 受話器の向こうから こんな一言をかけてくださいました。 かこさん(主婦の人)だって、本気を出せばそうなりますよ 笑 もちろん、本気全開ですが・・・ いや、これは本物ですよ。相当なパワーで、本物です。。。 あらためて、すごさを 思い知らされたような1時間だったのでした・・・ 2nd.ステージにいけたときの興奮をこえて この日は本当に寝付けなかったですね。 これから起こるビジネスライフが、驚愕過ぎて(>_<)まだまだ、警戒してこのビジネスを見ている方もいると思います。私たちは、なるべくその思いを払拭させるべくこういった活動を行っているわけですが・・・本当に勘違いしていただきたくないのはそこらのネットビジネスと一緒ではないという点ですね。まちがっても「詐欺商材」「詐欺ビジネス」という認識は払拭していただきたいと思います。クリーンなビジネスで、こんな素晴らしいシステム!ちょっと他に類をみないのではないでしょうか??興味を持つことから始まります。五感を研ぎ澄ませて、このビジネスに参加してみてください。きっと何もかもが変わる。人生の転機。